生理(月経)について

生理の経血の色が変?黒や茶色、鮮明な色の出血について

『生理の血(経血)がいつもと違う..』

『生理の血がいつもより黒い・茶色の原因は?』

『生理の血がいつもより鮮明な色の原因は?』

生理中、体は子宮から膣を通して子宮内膜の組織と血液を流します。この生理中の血の分泌物を『経血』といいます。

経血は年齢に応じて、またはホルモンの変化や健康状態によって、明るい赤から暗褐色または黒まで変化する可能性があります。子宮内に長く留まる血液は酸化し、酸化した血液が茶色や黒などになります。

今回は、生理の出血(経血)の色の変化について解説したいと思います。

\毎月の女性ならではのお悩みに/

送料無料で購入する≫ 

生理の出血(経血)が黒い血の場合

黒い血は、生理の初めや終わりにみられます。

通常、古い血液が子宮から出るのに時間がかかり酸化し、茶色や暗赤色に。そして最終的には黒色になるという流れです。

また、黒い血は膣内のつまりを示すこともあります。悪臭のある排出物、発熱、排尿困難、膣内またはその周辺のかゆみや腫れなどの症状がある場合は医師に相談しましょう。

病院検索ページへ≫

生理の出血(経血)が茶色の血の場合

黒い血のように、茶色や暗赤色の血は古い血の兆候で、生理の初めや終わりにみられることがあります。

このような血液は、黒色になるほど酸化せず、様々な色がみられます。また、褐色の血の少量の出血は、着床出血と呼ばれる妊娠の初期の兆候である場合もあります。

妊娠の超初期症状とは≫

生理の出血(経血)が鮮血の場合

真っ赤な鮮血は字の通り、新鮮な血。これは安定した流れを示します。

生理は真っ赤な出血で始まり、生理の終わりにかけて暗くなることがあります。鮮血のままで生理が終わる人も少なくありません。

生理中以外での鮮血の出血は、クラミジアや淋病などの性感染症の兆候である可能性があります。

また、ポリープまたは子宮筋腫が大きくなっていると、異常に重い出血を引き起こす可能性あります。まれに、鮮血の出血が子宮頸がんの徴候であることも。

ピル(経口避妊薬)を使用すると、体内のエストロゲンレベルが下がり、生理中にピンクがかった色合いの軽い出血につながる可能性も。ホルモンの変化や食事、生活習慣、年齢、および環境など様々なことが、経血の状態を変化させます。

性病かも?って思ったら≫ピルのQ&A≫

\毎月の女性ならではの悩みに♪/

月のおまもりサプリ詳細へ≫  

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと

≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。

また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。

ピルQ&Aへ

≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。

スマルナとは≫

≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。

デメリット≫

ピルが自宅に届く!?