ピルのオンライン処方について

スマルナの本人確認方法とは?会員登録から必要書類の種類と詳細を解説

スマルナの本人確認方法と、それに必要な書類について解説します。

スマルナとは、オンライン専用のアプリを通じて、ピルの処方やそれに必要な診察ができるサービスです。スマルナを利用するためには会員登録が必要です。

一般的に薬を処方してもらうためには、本人確認書類として健康保険証が必要ですが、スマルナのピルは保険適用外のため健康保険証が必須ではなく、その他の本人確認書類(運転免許証・パスポート・学生証など)も利用できます。

今回は、スマルナの会員登録の際に必要な本人確認書類の種類について詳しく解説します

詳細ページ無料DLへ

スマルナの会員登録方法

参照:スマルナ

スマルナの利用に必要な本人確認書類の前に、まずはスマルナの会員登録方法について解説します。

スマルナは専用アプリをダウンロードして会員登録を行います。

会員登録に必要なアカウントがこちら

会員登録で利用できるアカウント

  • Googleアカウント(Gメール)
  • LINEアカウント
  • メールアドレス(PCやスマホなど)

ほとんどの方はフリーメールのGメールや、LINEアカウントを持っていると思うので、都合のよいアカウントを使用しましょう

GメールやLINEアカウントを利用して会員登録を行います。ですが、会員登録をしても、それだけでは診察や処方に進むことができません。

ピルの診察や処方に進むためには、GメールやLINEアカウントを裏付ける本人確認が必要となります。

ピルは医薬品なので、そもそもどこのだれかも分からない人に処方できないという訳です。

それに、スマルナは18歳未満の利用ができないため、ちゃんと18歳以上なのかを確認するためなので、必ず本人確認書類が必要なのです

スマホの対応環境は、iPhoneのバージョンiOS 11以上、AndroidのバージョンはAndroid 6.0以上ですのでご確認ください。

詳細ページ無料DLへ

スマルナの本人確認書類について

参照:スマルナ

スマルナの会員登録に必要な本人確認書類は多数あり、健康保険証以外も利用できます。

顔写真がある本人確認書類なら1枚の提示でOKです。顔写真がない健康保険証などの本人確認書類は2枚必要になるので注意してくださいね。

顔写真ありの本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 学生証(※18歳未満の方は利用不可)

顔写真なしの本人確認書類

  • 健康保険証
  • 住民票
  • 印鑑証明
  • 年金手帳
  • その他(身体障害者手帳など)

運転免許証を持っている人は運転免許証が1番手っ取り早いかなって思います。免許証の表面と裏面を写メして提示してもらえればOKです。

健康保険証など顔写真なしの本人確認の場合は、顔写真を写メして提示する場合があります。

また、本人確認に必要な時間は、日中で最大15分程度、夜間で1時間程度かかりますので、時間に余裕をもって登録しましょう。

本人確認を含め、必要事項の登録が済みましたら、問診や医師の選択に進みます。

詳細ページ無料DLへ

スマルナの本人確認が済んだら問診へ

参照:スマルナ

スマルナをダウンロードし必要事項入力と本人確認が終わったら問診と医師の選択です。いよいよ医師に診察してもらえます。

まずは20問ほどのピル処方のための問診を行います。

この問診をもとに医師が診察を行うので、正確な回答が必要ですよ。念のためですがウソや適当なことを答えないようにしましょう。

緊急避妊薬であるアフターピルの処方をお求めの場合は『アフターピル希望』にチェックを忘れないようにしてくださいね。

⇓無料ダウンロードはこちらから⇓

詳細ページ無料DLへ

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと

≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。

また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。

ピルQ&Aへ

≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。

スマルナとは≫

≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。

デメリット≫

ピルが自宅に届く!?