性病について

病院で性病検査を受ける5つのデメリットを回避する方法

「え?これって性病?」

「病院に行かなきゃだめだよね。。」

「でも勘違いかもしれないし、病院にできれば行きたくない。。」

性行為の数週間後、自分の体の異変に気付いて不安になることがありますよね。

特に、不特定多数の人との関係や、避妊道具を使わず性行為をしてしまった後に異変が起こると「性病」という文字が頭をよぎります。

明らかに症状が重い場合には、すぐに病院に行くべきですが、症状が軽く「性病かどうかわからない」場合には、まずは性病検査キットを試してみてはいかかでしょうか。

\性病検査キットならGME/

まずはGME詳細ページを確認≫

GME詳細ページへ

キットを注文する

病院で性病検査を受ける5つのデメリット

もしかして性病?」と思ったら、性病検査を行っている病院(婦人科等)に行くべきです。

しかし、何らかの理由で病院へ行くことを躊躇してしまうことも。

病院へ行かない判断をしてしまって、症状が悪化してしまうと大変です。でも、場合によっては焦ってすぐに病院へ行く必要がないことも。

まずは、すぐに病院へ行く5つのデメリットをご覧ください。

デメリット①スケジューリングが困難

時間がかかる上に土日の診察が困難

予約の電話をはじめ、受付から検査が終わるまでにある程度の時間が必要です。検査する病院や検査内容によって、かなり時間も異なり予定が立てづらいことがあげられます。

また、土日に診察ができる病院が少なく、仕事や会社を休まなければならないリスクもあります。検査終了までに1日がかりになる場合もあります。

デメリット②費用が思ったよりかかることも

思った以上に費用がかかる

検査内容・検査する病院によっても差がありますが、思った以上に費用がかかってしまう場合があります。

また、保険適用と考えていた治療費が、症状がほとんどない場合等は保険が使えない場合もあるので、予定より費用がかなり掛かってしまうことも。

デメリット③デリケートな問題も

診察時に詳しい症状や経緯を話す必要がある

性病の診察時、医師に自分の行った行為やその後の詳しい状況を説明する問診があります。特に医師が男性の場合で、自分の行った行為を話すことや記入することに抵抗がある方も多いでしょう。

また、尿検査等の簡単な場合もありますが、当然患部の診察もあります。診察で必要なこととは分かっていても恥ずかしい気持ちも拭いきれません。

デメリット④周りの人にバレるかも

家族や身近な人にバレるリスクがある

デリケートな問題だから可能な限り周りの人には知られたくありません。

しかし、親の扶養に入っている学生の方でしたら、保険証の提示によって高確率で親にバレてしまいます。

また、病院は公共機関ですので、会社の同僚やご近所さん・学校の友達とバッタリ会ってしまうリスクもあります。

デメリット⑤通院は1回だけじゃないことが大半

何回も病院に行かなければならない

最初の診察結果が出るまでに1週間程度かかる場合もあり、診察結果の確認のために再度病院に行かなければなりません。

この診察結果で異常がなければ検査終了ですが、性病や初期診察では検査できなかった別の性病と判断された場合は再検査の必要があります。性病と判断された場合には、抗生物質を処方してもらい、経過観察のために一定日数間隔で病院に行く必要がでてきてしまいます。

必要なこととは分かっていても、休みが取りにくい社会人や平日時間の取りにくい人にとっては辛いところです。

5つのデメリットを解消する方法

これら5つのデメリットを避けるために性病検査キットを利用することをおすすめします。

実は、性病検査キットを使用することによって解決するケースが非常に多いのです。

これって性病。。?」って不安に思っても、「実は何でもなかった」といったケースも良くあります。

逆に、「性病かも..」と思っても、そのまま病院へ行かずに悪化してしまうこともあります。そのリスクを回避するためにも、病院か検査キットでの検査は必要です。

病院に行くことがデメリットと感じている人は、1度性病検査キットを利用してみてはいかがでしょうか。

性病検査キットの利点

  • 親や知人にバレるリスクが減る
  • 初期費用の軽減に繋がる
  • 診察のために会社や学校を休まなくても良い
  • 医師の問診をしなくてもいいから恥ずかしくない
  • 検査結果は自分のスマホでチェックできるから安心

さらに!!

もし検査キットで陽性だった場合でもメリットがあります。

キットによる検査の結果が陽性だった場合は、その後は専門の病院へ行き”治療”という流れになります。

通常、病院で治療を受けようとすると、検査をイチから受けることになります。

でも既に、検査キットにより『性病検査で陽性』と分かっているのに、再検査を行うのは時間・お金ともにムダですよね。

そこで提携病院の登場です。性病検査キットの販売会社と提携を結んでいる病院であれば、キットによる診断結果を元に、すぐに治療を開始することが出来るというシステムです。

検査キットは提携病院多数のGMEがおすすめ

【GME医学検査研究所】

性病検査キットを販売している会社はいくつかあります。『性病検査キット』とネットで検索するとたくさん出てくるかと思われます。

そのたくさんのメーカーの中でも一番のおすすめ

【GME医学検査研究所】です。

GEMの検査キットがおすすめな理由

  • 提携病院が業界で一番多い
  • 提携病院が多いから検査がスムーズに
  • 検査結果は手持ちのスマホやPCで確認できる
  • 検査キットの郵送は数日以内
  • 土日や祝日も対応可

GME医学検査研究所は、業界の中でも一番の提携病院数を誇るため、万が一性病検査で陽性がでても、その後の性病治療がスムーズに!

さらに、病院検査でデメリットである土日や祝日でも対応してくれます。

通常の検査キット販売会社の提携病院数は0~20社ほど。

ですが、GMEの提携病院数は2000社以上!

なので検査キットを選ぶならGEMがおすすめです!

\性病検査キットならGME/

まずはGME詳細ページを確認≫

GME詳細ページへ

キットを注文する

性病検査キットで性病と確認された場合は。。

もし、性病検査キットで性病陽性と判断された場合は、性病治療ができる病院で治療を行います。検査キットと提携病院で治療を受けるようにしましょう。

「これって性病?」って思って検査しても、性病ではなく勘違いのパターンも多いかと思いますが、もし性病検査キットで性病と判断された場合には、キットの検査結果を病院に持っていくことで、病院の初期の性病検査を行わなくていい場合が多く、再検査の手間が省けます。

性病の疑いがある場合は、早めに検査・治療を受けることが大切です。

(※病院やキットの検査内容によっては再検査がある場合もありますので、医師の指示にしたがってください)

性病検査キット詳細ぺージへ

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと

≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。

また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。

ピルQ&Aへ

≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。

スマルナとは≫

≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。

デメリット≫

ピルが自宅に届く!?