低用量ピル

フリウェルLD/ULDとは?効果や使用目的・副作用や購入方法について

フリウェルは、低用量ピルであるルナベルのジェネリック医薬品です。重い生理痛(月経困難症)の症状を和らげるために服用する治療薬として使用されることが多く、一般的には避妊を目的に処方されるものではありません。

(※ルナベルのジェネリックとは、製造元が異なりますがルナベルと配合成分や効果は同じ医薬品です)

今回は、フリウェルの効果や副作用、フリウェルLDとフリウェルULDの違いについて詳しく解説します。

⇓フリウェルならオンライン♪⇓

フリウェルの効果と使用目的

フリウェルUDは低用量ピルの一種であり、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが配合された混合ホルモン剤です。

ノルエチステロン(黄体ホルモン)とエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)の作用により卵胞の発育や排卵が抑制され、月経時の痛みを軽減させます。

フリウェルを服用することで、体内のホルモンバランスが変化し、脳が『排卵はもう済んでいる』と認識されるため、排卵が抑制されるメカニズムです。

一般的に低用量ピルは避妊目的で処方されることが多いですが、フリウェルはルナベル同様に生理の症状が酷い場合(月経困難症など)の改善を目的に処方されるピルです。

そのため、月経困難症の治療のための処方は、比較的副作用が少ないとされるフリウェルULDを選ぶ場合が多く、保険適用も可能です。

フリウェルとは?基本情報について

ではフリウェルの基本情報を見てみましょう。

種類 低用量ピル(ULDは超低用量ピル)
世代 第一世代
相性 一相性(錠剤全てが同じホルモン量で配合)
価格 900円~(保険適用)
使用目的 月経困難症の治療
服用方法 1日1錠を毎日決まった時間に服用する。21日間飲み続け7日間の休薬期間をとり28日を1周期とする。
特徴

月経困難症の治療の場合は保険適用可能。

1シート21錠タイプで、偽薬入の28錠タイプはない。

ジェネリック

フリウェルはルナベルのジェネリック。

※フリウェルはルナベルのジェネリック医薬品で、成分は同じだが比較的安価で購入できます。

購入方法

病院で処方(全国の病院検索)≫

オンライン処方(人気のオンライン処方3選へ)≫

ピル処方を病院で続ける意外な5つのデメリット『病院へ行く時間がない』『婦人科へ行くことに抵抗が。。』ピル処方のためには医師の診察と処方箋が必要ですが、ずっと病院にかようことへのデメリットも存在します。...

フリウェルLDとフリウェルULDの違いとは?

フリウェルには、フリウェルLDとフリウェルULDの2種類があります。これはルナベルも同様でLDとULDがあります。

フリウェルLDとは黄体ホルモン配合量が50㎍未満の低用量ピルで、フリウェルULDは黄体ホルモン30㎍以下の超低用量ピルに分類されます。

フリウェルULDはフリウェルLDと成分は同じですが、黄体ホルモンであるエチニルエストラジオールの含量は20㎍(マイクログラム)とかなり少なめな配合です。

フリウェルULDは、黄体ホルモンが少ない超低用量ピルなため、フリウェルLDに比べかなり副作用が抑えられているといわれています。

黄体ホルモンであるエチニルエストラジオールをこのレベルまで少なくした月経困難症の治療薬は世界初とされています。そのため、月経困難症の治療目的の場合は副作用が比較的少ないULDを使用する場合が多いです。

⇓ピルの変更ならオンライン♪⇓

フリウェルの副作用について

フリウェルを服用することでまれに副作用が起こる場合があります。

フリウェルの主な副作用

  • 不正出血
  • 頭痛・下腹部痛
  • 悪心
  • めまい・ふらつき
  • 体のだるさ

フリウェルは体内のホルモンバランスを強制的に変えるため、特に飲み始めに副作用が強くみられるケースが多いです。通常、2ヵ月~3ヵ月程度で体内のホルモンバランスが安定し、副作用も落ち着く傾向があります。

もし、副作用がとても強く出る場合や、数か月以上も長く続く場合は早めに医師に相談しましょう。

ピルは種類が多いため、どうしても人によって合う合わないが出てきますので、種類変更も含めて相談してみてはいかがでしょうか

フリウェルの処方はオンラインが便利

フリウェルLD/ULDの処方はオンライン診療・処方を利用するととっても便利です。コロナ渦の中、オンライン診療を選択する人が増えています。

オンラインに向いている方

  • 定期的に病院へ行く時間が取れない
  • ピル処方がある病院が遠くて行けない
  • 病院へ行く時間や費用を抑えたい
  • 病院へ行く時間帯が夜間や休日しかない
  • 婦人科に抵抗がある
  • 自宅で空いた時間で診療や処方を受けたい
  • 誰にもバレずにピル処方を行いたい

現代ピルは、女性にとってポピュラーな薬のひとつです。以前は『ピル=避妊』とマイナスイメージが強い傾向がありましたが、今では女性に必要な薬の認識が強まっていてピルを服用する女性が増えてきています。

ピルがはじめての方でも、オンラインで丁寧に説明してくれます。

婦人科が苦手な方でも、ピルの種類を変更したい方でも、オンライン診療をぜひ試してみてください

⇓今どきピルはオンライン♪⇓

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと

≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。

また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。

ピルQ&Aへ

≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。

スマルナとは≫

≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。

デメリット≫

ピルが自宅に届く!?