低用量ピル

ファボワールの避妊効果とは?値段や購入方法についても解説

経口避妊薬であるファボワールは、第三世代のピルであるマーベロンのジェネリックで、毎日正しく服用することで高い避妊効果が期待できます。

マーベロンは、1999年に日本で承認された低用量ピルで、ヨーロッパで販売が開始されて30年以上の実績と安全性が確立されています。そのジェネリックのファボワールは、比較的安価に購入できるため人気が低用量ピルです。

また、ファボワールは一相性のピルで、休薬期間を設けないことで生理のタイミングをずらすことができることも特徴の1つです。

今回は、ファボワールの避妊効果や副作用、購入方法や飲み忘れた時の対処方法などについて詳しく解説します

⇓ファボワールならオンライン♪⇓

ファボワールの基本情報と購入方法について

まずはマーベロンの後発品であるファボワールの基本情報をみてみましょう。合わせて価格や購入方法もご覧ください

種類 低用量ピル
世代

第三世代

世代別ピル一覧ページへ≫

相性 一相性(錠剤全てが同じホルモン量で配合)
価格 約1,900円~
使用目的 避妊・生理痛の改善・ニキビや肌荒れの改善
服用方法 1日1錠を毎日決まった時間に服用する。21日間連続服用し、7日間の休薬期間をとり28日を1周期とする。
特徴

第三世代の黄体ホルモンはデソゲストレル。ニキビなどの肌荒れの原因である男性ホルモンを抑制し、皮脂の過剰分泌を防ぎニキビなどを改善することが期待できる。

よく比較されるピル

マーベロン

ノベロン(マーベロンジェネリック)

フェミロン(マーベロンジェネリック)

※ジェネリックとは、有効成分は同等で安価な後初薬です。製造元が異なるため名称が変わる場合がありますが比較的、低価格で購入できます。

購入方法

病院で処方(病院検索する)≫

オンライン処方(人気のオンライン処方3選をみてみる)≫

マーベロンジェネリックをお得に購入する≫

(※1 通販を利用する場合は購入ページの注意事項を読んでからご利用ください。またピル服用が初めての方は医師の診察が必要です。ピル処方がある病院検索はこちら

ファボワールの効果と使用目的

ファボワールは低用量ピルの一種であり、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが配合された混合ホルモン剤。主に避妊や生理日を調整することに使用されることが多いピルです。

では詳細を解説します

ファボワールは避妊効果はもちろんニキビの改善や薄毛に期待できる

ファボワールを正しく服用することで、卵胞の発育を抑制することで高確率で排卵が起こらなくなります。また、子宮内膜が肥厚すること(卵胞のベッドをつくること)を抑制することで万が一排卵が起こっても妊娠しにくい状況を作ります。

さらに、子宮頸管粘液(おりもの)の粘性や成分を変化させることで精子が子宮に届きにくい状況を作ります。

避妊効果をしっかりキープするためにも毎日決まった時間に正しく服用することが大切です。

さらに!ファボワールには女性に嬉しい『ニキビや肌荒れの改善』や『毛の濃さの改善』が期待できます

ファボワールは、デソゲストレルと呼ばれる黄体ホルモンを使用しており『第三世代』に分類されます。

第三世代のピルに使用される黄体ホルモンは、第二世代のピル(トリキュラーなど)で強くなってしまった男性ホルモンを低減させる目的でつくられたピルです。

ニキビなどの肌荒れの原因の1つである男性ホルモンの作用を抑えることで皮脂の過剰分泌を防ぎ、症状を改善する効果が期待できます。

男性ホルモンを抑制するため『薄毛』にも期待する女性からファボワールは人気を集めています。

また、ファボワールはオンライン処方でも取り扱いがあるピルなので、病院へ行く時間がとれない人はオンライン処方を試してみてはいかがでしょうか

ファボワールで生理日をずらす方法とは?

ファボワールはマーベロンと同様に生理日を調整(遅らせるまたは早める)ことが可能です。

大切なイベントや、海やプールなどの予定で生理日を調整したいときに一相性のファボワールを使います

生理日の調整方法

生理日を早めたい場合は、まずはファボワールを服用します。『生理が来てほしい3日前』休薬します。このとき服用期間は出来るだけ長く(目安は14日以上)服用することで成功確率が高まります。

通常、ファボワールを休薬して2~3日程度で生理(出血)が起こるでしょう。その後、7日間の休薬期間が終わったら新しいシートを服用します。

また、生理を遅らせたい場合は、21錠を飲み終わったも休薬期間を設けずに次の新しいシートを服用します。そのまま生理が来てほしくない日まで服用し続け、その後休薬を開始します。休薬期間に入ると生理(出血)が起こるためです。

ここで生理を遅らすときの注意点です。

ファボワールで月経のタイミングを変更する際、本来の生理のタイミングから10日以上経過すると消退出血が起こる場合があります。

生理をずらす日数は、多くても7日~10日ほどに留めることが大切です。

ピル処方を病院で続ける意外な5つのデメリット『病院へ行く時間がない』『婦人科へ行くことに抵抗が。。』ピル処方のためには医師の診察と処方箋が必要ですが、ずっと病院にかようことへのデメリットも存在します。...

ファボワール(マーベロン)とトリキュラーの違いとは?

マーベロンとトリキュラーはよく比較されるが低用量ピルで、どちらも避妊や生理痛の緩和などに使用されます。マーベロンジェネリックであるファボワールも同様です。

どちらのピルも1シートに21錠タイプと、プラセボ(偽薬)が含まれる28錠タイプがあり、28日で1周期とする低用量ピルです。

ではファボワール(マーベロン)とトリキュラーはどのような違いがあるのでしょうか?実は『世代』と『相性』がポイントです

ファボワール 第三世代
トリキュラー 第二世代

ファボワールとトリキュラーは2つのホルモンが含まれる混合ホルモン薬です。2つのホルモンとは卵胞ホルモンと黄体ホルモンのこと。

どちらのピルも『エチニルエストラジオール』という卵胞ホルモンが含まれていますが、世代によって使用されている黄体ホルモンが異なります

第二世代のトリキュラーの黄体ホルモンは『レボノルゲストレル』といい、第一世代の黄体ホルモンよりも副作用(ニキビや食欲増進など)が緩和されると言われています。

一方、第三世代のマーベロンの黄体ホルモンは『デソゲストレル』で、第一、第二世代のピルよりも副作用を減少させるために用いられており、デソゲストレルは男性ホルモンを抑制するため、従来よりもさらにニキビや毛の濃さへの改善が期待できます。

第三世代の注意点としては、第一世代や第二世代のピルよりもやや血栓症の確率が高まると言われている点です。

ファボワール(マーベロン)とトリキュラーは世代だけではなく『相性』も異なります。

ファボワール 一相性のピル
トリキュラー 三相性のピル

一相性のピルとは、1シートの錠剤全て同じホルモン量が含まれているピルのことです。

一方、三相性のピルとは、1シートの中にホルモン含量が異なる錠剤が、約1週間ごとに3段階で分かれているタイプのピルです。

一相性のピルは、ホルモン量が一定なため体調の変化が起きにくいと言われています。

三相性のピルは、本来の生理周期のホルモンバランスに近い状態で摂取できるため、飲み始めの不正出血が少ないとされています。

とはいっても三相性のピルでも不正出血が起こる場合があります。

どちらのピルも、ホルモン変化に身体が慣れてくる2~3ヵ月で不正出血などの副作用は落ち着いてきますので、不正出血はできるだけ避けたい!とい方は三相性のピルを選ぶと良いでしょう。

三相性のピルは、含まれるホルモン量が3段階に分かれるため、飲む順番を間違えないように気を付けましょう

ファボワール(マーベロン)とトリキュラーの違いは『世代』と『相性』です。とちらもメリット・デメリットがありますが、自分にあったほうを選ぶことが大切です。

また、どちらのピルも服用方法は一緒です。1日1錠決まった時間に、21日間連続で服用します。7日間の休薬期間を設け、29日目に新しいシートを始めます。

⇓ピルの変更・処方ならオンライン♪⇓

ファボワールの副作用

ファボワールを服用することでまれに副作用が起こる場合があります。主な副作用の症状はこちらです。

ファボワールの主な副作用

  • 不正出血
  • 頭痛・片頭痛
  • 胸のハリ・胸の痛み
  • めまい・ふらつき
  • 吐き気・悪心(気持ち悪さ)

ファボワールは体内のホルモンバランスを強制的に変えるため、特に飲み始めに副作用が強くみられるケースが多いです。通常、2ヵ月~3ヵ月程度で体内のホルモンバランスが安定し、副作用も落ち着く傾向があります。

もし、副作用がとても強く出る場合や、数か月以上も長く続く場合は早めに医師に相談しましょう

ファボワールに限らず低用量ピルを服用するとよく似た症状が起こる可能性があります。そのため、副作用の程度にもよりますが、基本的には『そのまま様子をみましょう』と言われることが多いです。

ピルは種類が多いため、どうしても人によって合う合わないが出てきますので、種類変更も含めて相談してみてはいかがでしょうか。

ファボワールを飲み忘れた場合の対処法

ファボワールを飲み忘れた時の対処方法についてです。

1錠飲み忘れた場合、飲み忘れに気付いた際に1錠飲みましょう。

例えば、毎朝服用しているファボワールを飲み忘れてその日の夕方に気付いた場合は、その気付いたときに服用して、翌日からもいつも通りに飲んでください

丸一日、飲み忘れてしまい、次の日に気付いた場合は、次の日に飲み忘れた1錠を飲んでください。2錠一度に飲むわけではなく、当日分は決まった時間に服用します。その日は1日に2錠飲むことになります。

2錠以上飲み忘れてしまった際は、そのシートの服用は一旦諦めましょう。服用を中止することで次の生理(出血)が起こり次第、新しいシートで最初から服用しましょう。

飲み忘れた場合、ファボワールによる避妊効果が薄れている可能性があります。

避妊効果の確率が高くなるのは服用後7日以降です。飲み忘れた際は一週間ほど避妊効果が薄れているものとし、性行為の際はコンドームなどを忘れずに使用しましょう。

詳細ページ

ファボワールの購入方法について

最後に、ファボワールの処方や購入方法についてです。ファボワールの購入は大きく分けて3つの方法があり

  • 『ファボワールと同成分のマーベロンジェネリックを通販で購入する』
  • 『病院での処方』
  • 『オンラインで処方』

それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

マーベロンジェネリックを通販で購入する

ファボワール(マーベロン)のジェネリックであるノベロンフェミロンを通販で購入することもできます。ジェネリック医薬品のため、まとめ買いで通常よりもかなり安価で購入することができるメリットがあります。

ただし、ピルが初めての方は必ず医師の診察が必要です。ピルが初めての方は、下記の病院での処方やオンライン処方を推奨しています

ファボワールを病院で処方してもらう

ファボワールを処方してもらうためには基本的に医師の処方箋が必要です。ですから病院へ行き診察を経て処方してもらうという流れです。

ピルが初めての方は必ず医師の診察を受けます。

ピルを処方している病院は都心以外は思ったより少ないので、まずは最寄り駅に対象施設があるかを確認してみましょう。

ピル処方がある病院検索≫

参考:低用量ピルを病院で処方してもらう流れ≫

ファボワールをオンライン診察を利用して処方してもらう

ピル処方のある病院が遠い、仕事が忙しくなかなか病院へ行けない、婦人科に抵抗がある…などなどの理由で病院へ行けない人にはオンライン処方を推奨しています

マーベロンの処方はオンライン診療・処方を利用するととっても便利で、オンラインで医師が診察するためピルが初めての人でも安心できます。コロナ渦の中、オンライン診療を選択する人が増えています。

オンラインに向いている方

  • 定期的に病院へ行く時間が取れない
  • ピル処方がある病院が遠くて行けない
  • 病院へ行く時間や費用を抑えたい
  • 病院へ行く時間帯が夜間や休日しかない
  • 婦人科に抵抗がある
  • 自宅で空いた時間で診療や処方を受けたい
  • 誰にもバレずにピル処方を行いたい

特に24時間対応ができるオンラインサービスがおすすめです

ピルがはじめての方でも、オンラインで丁寧に説明してくれまし、婦人科が苦手な方でも、ピルの種類を変更したい方でも、オンライン診療をぜひ試してみてください

⇓今どきピルはオンライン♪⇓

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと

≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。

また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。

ピルQ&Aへ

≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。

スマルナとは≫

≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。

デメリット≫

ピルが自宅に届く!?