通販で購入できるピル一覧

フェミロン(マーベロン)の通販価格と効果&口コミ・評判

フェミロン(マーベロンジェネリック)ってどんなピル?

マーベロンとどう違う?

どんな副作用があるの?

フェミロンをはじめ、ピルの購入には様々な不安があるかと思います。

「やっぱり病院に行ったほうが良いかな。。」

確かに、病院で診察してもらった後に処方してもらうことが一番です。しかし、様々な理由があって通販を利用する方も多いことが現状です。

フェミロンはくすりエクスプレスやベストケンコーなどの個人輸入代行サービスで購入できるピルです。本記事では、超低用量ピルであるフェミロンについて「購入前に知っておきたい事」を詳しくまとめていきます。

フェミロンの購入ページを見てみる≫

フェミロン(マーベロン)の価格や効果について

フェミロン

それでは、フェミロン(マーベロンジェネリック)について詳しく解説していきます。

フェミロンってどんなピル?

フェミロンは、オランダのオルガノン社が開発した、従来のピルより副作用などが改善された第三世代と呼ばれる超低用量ピルです。大勢の女性が服用しているマーベロンのジェネリック医薬品です。

フェミロンとノベロンとの違いは?

ノベロンはフェミロンと同様マーベロンのジェネリック医薬品です。

フェミロンはノベロンと成分は同じですが、エチニルエストラジオールという卵胞ホルモンの配合量に違いがあります。

ノベロン(マーベロン)は0.03㎎に対して、フェミロン(マーベロン)は0.02㎎と少なく、これによりピル特有の副作用が改善されています。ピルにあまり慣れていない初めて服用する人や、副作用に悩まされている方に適しています。

フェミロン(マーベロン)服用による避妊のメカニズム

フェミロンに限らずですが、ピルには女性ホルモンである卵胞ホルモン黄体ホルモンが含まれています。この2つのホルモンは、本来妊娠するために卵巣から分泌するホルモンです。これらのホルモンを含むピルを服用することによって、脳が妊娠したと勘違いして排卵を抑制します。これによって性行為を行っても、避妊することができるのです。

また、もし排卵してしまっても、子宮頸管の粘液の組織を変えて子宮への精子の侵入を防ぐことや、子宮粘膜が厚くなることを防ぎ受精卵が着床しにくい状態をつくります。

これらの作用により、ピルを毎日定時に服用することによって、避妊確率をほぼ100%にします。フェミロンを服用し始めて8日目から避妊の効果がでます。

マーベロン詳細ページ≫

フェミロン(マーベロン)の避妊以外の期待できる効果って?

実はフェミロンには避妊以外の効果も期待できます。

期待できる効果

・PMS(生理前症候群)によるイライラや頭痛・腹痛

・ニキビや肌荒れの改善

・子宮網膜症の予防

・子宮体がんや卵管炎などの予防

・月経をのサイクルを28日で1周期としコントロールする

近年では、避妊目的だけではなく、生理不順やPMSの悩みを解決するためにピルを服用する女性は増えてきています。

フェミロン(マーベロン)の服用方法

フェミロンは1シートを28日周期として服用します。1シートに21錠入っており毎日服用します。22日目~28日目までの7日間は休薬期間となり、フェミロンを服用しません。その間に生理が訪れます。

可能な限り、毎日一定の時間に服用します。服用するときは副作用により吐き気が伴う場合もあります。空腹時よりも食後に水またはぬるま湯で飲むことをおすすめします。毎朝の朝食の後に飲む習慣をつけるなどして、同じ時間に飲む習慣をつけましょう。

フェミロンを服用すると、ホルモンの影響によって以前の生理周期は壊れますが、2シート目から新しい生理周期で安定していきます。

フェミロン(マーベロン)副作用について

フェミロンに限らずですがピルを服用すると副作用が出る場合があります。ピルを服用して一番多いとされる副作用は「吐き気」です。この副作用は一過性で、個人差はありますがホルモンバランスが落ち着くと共に、数日~数か月でおさまる場合がほとんどです。

その他に、頭痛や乳房のハリ、手足のむくみなどが一般的な副作用です。めったにありませんが、副作用により血栓症になる可能性が高まります。手足が急にしびれたり血栓症の前兆がある場合は、かかりつけの医師に相談してください。

フェミロン(マーベロン)の通販価格について

それではフェミロンの通販価格を1シート(1ヵ月分)の価格からまとめ買い価格まで見てみましょう。

1シート 約3,600円
3シート 約5,200円(1シート約1,720円)
6シート 約7,500円(1シート約1,250円)
12シート 約12,000円(1シート約999円)

通販での購入はまとめ買いがかなりお得です。試しに1シートで購入し服用して、身体に合えばまとめ買いするとかなりコストはおさえられます。

フェミロンやノベロンは、国内で承認されている医薬品であるマーベロンのジェネリック医薬品です。マーベロンは国内で処方することができますが、フェミロンやノベロンは、輸入代行サービスを通じて通販で購入する必要があります。

フェミロンの購入ページを見てみる≫

フェミロンの口コミ&評判

フェミロンは、国内でマーベロンを処方された方が、病院へ行く回数を減らしたい・もっと費用を抑えたいケースによく利用されるようです。

フェミロンの口コミ&評判について

それでは服用した方の口コミを見てみましょう。良い口コミも悪い口コミもネットから抜粋しましたので購入前の参考にしてください。

生理痛や生理不順、ニキビに悩んでいて病院でピルの処方をしてもらってました。1シート3,000円近くするので困っていたところ、こちらのサイトにたどり着き、今では通販で購入しています。
個人差はあると思いますが、私の場合は生理痛も量も減ってとても助かっています。
受け取りが遅れて保有期間が過ぎてしまうと、再送にお金がかかるので気を付けたほうがいいです
トリキュラーを飲んでいましたが、副作用が少ないと聞いてフェミロンに変えたら大正解でした!
個人輸入って最初は届くか不安だったけど、やってみたら普通の通販!新しいニキビもできなくなって気持ちがすごい楽になりました。
ほとんど副作用がありません。最初にちょっと吐き気がしたくらい?生理も28日ばっちりにコントロールできて予定も立てやすくて◎
最初は個人輸入代行サービスを利用することにためらいがありましたが、くすりエクスプレスはちゃんと届きましたし安心して購入できます。

服用し始めて3ヵ月ほどですが、特に問題ありません。低用量ピルより超低用量ピルのほうが副作用が少なくて嬉しいです。

(※口コミは個人の感想です)

フェミロンの通販での購入について

フェミロンを購入する場合は、個人輸入代行サービスを提供する通販サイトで購入します。通常、個人で海外の薬品を輸入しようと思っても、海外の優良な企業をさがして、発送方法などを決め、関税を通過するなど、困ったことに難しい手続きが非常に多いです。

そこで、個人輸入代行サービスを行うサイトを利用します。会員登録を行うと、通販のように海外の品が手軽に購入できます。「個人輸入って違法性はないの?」って思うかもしれませんが、違法ではありません。厚生労働省が認めていますのでちゃんと合法です。ただし、いくつかのルールがあります。

「さっそく購入しよう!」となる前に、個人輸入代行サービスを利用する上でいくつか注意点がありますので先にご覧ください。

・購入した薬を他人に譲渡・転売してはいけません(自分で使用する分しか購入してはいけない)

・基本的には男性は男性用、女性は女性用の薬しか購入できません

ピルを通販で購入する際は、いくつか守るべきルールはありますが、ピル処方が初めての方は、まずは病院での診察が必要です。

ピル処方がある病院検索≫

低用量ピルをお求めの方へ

低用量ピルは、病院に行かずにスマホで行うオンライン診断で処方してもらうこともできます。

ご自宅近くで、ピルの処方がある婦人科が見つからなかった際には、ぜひオンライン診療を利用してみてはいかがでしょうか。

病院へ行くことでかかる時間や費用を抑えるために、オンラインでの診察を希望する女性が増えてきています。

まずは、『ずっと病院でピルを処方してもらうデメリット』をご覧ください⇓⇓

【病院へ行く時間がない!】【できれば病院へ行きたくない】という方は、オンラインで医師が診断・処方までしてくれるスマホ専用アプリをおすすめしています。ぜひ詳細ページをご確認ください。

\自宅で診察・処方ができるオンラインアプリ登場/

⇓スマホ専用アプリ スマルナ⇓

詳細ページ無料DLへ

【PR】病院に行かなくても診察できるの!?スマホで簡単♪オンライン診察・処方はこちらから≫

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと

≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。

また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。

ピルQ&Aへ

≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。

スマルナとは≫

≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。

デメリット≫

ピルが自宅に届く!?