ピルのオンライン処方について

マーベロンをオンラインで処方してもらえるオススメの病院・医療機関2選

マーベロンはピルの中でもニキビや肌荒れの改善が期待できる低用量ピルの1つで、毎日正しく服用することでほぼ100%の避妊効果を得ることができます。

そのマーベロンをオンライン診療・処方を活用することで、スマホで医師に診察してもらい、病院へ行く回数が減らせるうえに自宅にマーベロンが届くため、ピルを服用していても病院へ通う回数や時間、その交通費などを節約することができるでしょう。

今回は、マーベロンの詳細情報と便利なマーベロンのオンライン診療で3つのポイント、マーベロン処方でおすすめのオンライン対応の医療機関について解説したいと思います

⇓診察料込みの定額料金!⇓

定期便がお得なスマルナはこちら♪

詳細ページ無料DLへ

⇓東京都23区なら最短当日着!⇓

365日対応のピルユーはこちら♪

詳細ページ公式ページ

マーベロンとはどういうピル?

マーベロンをオンライン診療・処方がある病院を探す前に、マーベロンの詳細について軽く触れたいと思います

マーベロンは第三世代で一相性の低用量ピル

ピルは第一世代から第四世代に分けられており、マーベロンは第三世代のピルに分類されています。

第三、第四世代になるほど、新しく開発されたピルということです

また、ピルは一相性のピルと3相性のタイプがあり、マーベロンは一相性のタイプです。一相性のピルは、錠剤すべてが同じホルモン量が配合されているピルのことでマーベロンなどが代表的です。

三相性のピルは錠剤に含まれるホルモン量が3段階に分かれており、より自然なホルモンバランスに近づけたホルモン量に別れているため、ピル初心者には三相性のピルが適しているといわれています。三相性のピルで代表的なのはトリキュラーアンジュがあげられます。

マーベロンはニキビや肌荒れが改善されやすい理由とは?

低用量ピルであるマーベロンは、避妊効果だけではなくニキビや肌荒れの改善も期待できます。それは、第三世代であるマーベロンに配合されている黄体ホルモンの種類が他のピルと異なるためです。

第二世代のトリキュラーなどピルは、『レボノルゲストレル』という世界的にも最も汎用な黄体ホルモンが配合されていますが、このレボノルゲストレルは男性ホルモンと同じアンドロゲン作用を持っており、皮脂腺に影響することでニキビや体毛の増加といった副作用を促します。

第二世代の課題だった『男性化』を改善したのがマーベロンを代表する第三世代のピルなんです

第三世代のピルは『デソゲストレル』という黄体ホルモンが配合されており、男性ホルモンへの作用を抑えていることが特徴です。そのため、ニキビや肌荒れ、体毛の増加の改善に繋がるといわれています。

マーベロンはどういう人におすすめ?

ピルの種類はさまざまありますがどのような方に向いているのでしょうか?

マーベロンを選ぶ人の特徴

  1. ピル服用によってニキビや肌荒れが気になる方
  2. 男性化の影響で体毛の増加が気になる方
  3. 一相性で飲み間違えが比較的少ないピルが良い方
  4. 生理日を移動させたい方
  5. 第一世代のピルより副作用が少ないピルを選びたい方
  6. PMS(生理前症候群)を改善したい方

などなど、主に第一世代の比較的副作用が強いピルからの切り替えや、トリキュラーなどの三相性から切り替える方が多いイメージです。

しかし、マーベロンは一相性のピルのため、第二世代のトリキュラーよりもピルの飲み始めの副作用が出やすい可能性があります。

そのため、ピルが初めての方はトリキュラーやアンジュ、ラベルフィーユなどの三相性のピルのほうが適している可能性もあります。ピルが初めての方は医師に相談してみましょう。

次に、マーベロンをオンラインで処方せいてもらう3つのポイントを解説しますのでぜひ参考にしてみてくださいね

マーベロンをオンライン処方してもらう医療機関の選び方の3つのポイントとは

マーベロンをオンライン診療で処方してもらう医療機関の選び方について、3つのポイントで解説したいと思います。

point1.オンライン診療対応が365日の医療機関を

マーベロンに限らずですが、ピルのオンライン診療・処方を選ぶときは365日24時間対応の医療機関が良いですね。

それは、オンライン診療を利用する理由の多くは『病院へ行く時間や手間を省きたい』『平日に病院へ行く時間がつくれない』『婦人科が苦手』などがあります。

その中でも【診察時間問題】が最も重要で、病院の診察時間の都合が悪い方が多いため、深夜帯や土日も診察対応してくれる医療機関を選ぶことがポイントとなります。

自身の都合が良い曜日や時間で診察や決済ができる医療機関を選び、スケジュール管理でストレスにならないようにしていきましょう。

point2.マーベロンの定期便ができる医療機関を

ピルの処方プランには、『定期便』や『3ヵ月分まとめて処方プラン』などがあり、その病院によって異なります。

マーベロンは毎月1シート消費するため、まとめて処方してもらったり定期便のように毎月自動配送してもらえるプランにすると普段の生活にかかる負担も減らすことができると思います。

毎月、自動で配送してもらい、さらに定期便にすることで費用を抑えることが出来るプランがあるオンライン対応の医療機関を選ぶことが大切です

例えば、スマルナなら27日周期でマーベロンを自動配送してくれます。また、当サイトでおすすめしていますPillsU(ピルユー)なら、通常2970円のところ6ヵ月まとめ買いで2822円で購入可能です。

point3.マーベロンが安いオンライン診療を

オンライン診療を利用する際は、通常の病院での処方よりも料金がやや高くなるケースもあるため、交通費や配送料、診察料なども含めたトータルの料金で考える必要があります。

病院でのマーベロン処方を2,500円として以下で比較してみました

通常の病院

マーベロン代+診察料+交通費

2,500円+1,500円+交通費

1ヵ月トータル4,000円~

ピルユー

マーベロン代+診察料+送料

2,980円+1,100円+550円

1ヵ月トータル4,630円~

⇓6ヵ月分処方の場合⇓

15,390円+1,100円+550円

6ヵ月トータル17,040円(2,840円/月

スマルナ

マーベロン代のみ(診察料・送料込み)

1ヵ月プラン:5,478円

3ヵ月プラン:13,750円(4,583円/月)

定期便(1年):4,950円

(※病院によってマーベロンの価格や診察料が異なります。また、お住いの地域によって送料が異なる可能性があります。)

通常の病院でも、毎回診察しないケースもあるため、参考程度にしてくださいね

また、ピルユーの6ヵ月プランを利用しても副作用などでの診察をすることでその都度診察料が発生します。費用面ではかなりお得ですが、7ヵ月目のピルの診察や購入を忘れないように気を付けましょう。

一見、スマルナのマーベロンは高いようにみえますが、何度診察や相談をしても料金が上乗せすることがありませんので、毎月の料金が分かりやすいメリットも。料金的には安いとは言えないものの、定期便にすることで毎月届いたほうが飲み忘れ防止にもつながります。

オンライン診療対応の病院を探す≫

⇓365日対応のスマルナを利用する⇓

詳細ページ無料DLへ

⇓東京都23区なら最短当日着!⇓

365日対応のピルユーはこちら♪

詳細ページ公式ページ

マーベロンのジェネリックについて

実はマーベロンにはジェネリックがいくつか存在します。ジェネリック医薬品とは、後発医薬品といい、厚生労働省の認可を得て製造販売される新薬と同じ有効成分を含む医薬品のこと指します。

マーベロンと同じ有効成分を含むため効果は同じですが、製造元が異なります。また、ジェネリックはマーベロンを開発する費用が不要な為比較的低価格で購入可能です。

少しでも費用を抑えたい方は、マーベロンのジェネリックを選ぶことを推奨しています

マーベロンのジェネリックには、ファボワールノベロンフェミロンなどが有名で国内で承認されているマーベロンのジェネリックは富士製薬が製造している『ファボワール』のみです。

スマルナやPills U(ピルユー)でもファボワールの取り扱いがあるので、マーベロンのジェネリックを希望の際は、最初の診察時に医師に伝えましょう。

まとめ:マーベロンをオンラインで処方してもらうなら

マーベロンをオンライン診療を利用して処方してもらう際は、スマルナやPills U(ピルユー)がおすすめです。ただし、あくまでオンライン診療は対面診療のサポートとして活用することが大切です。

オンライン診療を利用することで、病院へ行く回数を減らすことができ、夜間や土日の診療も可能なため、ピルを服用する上で負担になる通院のスケジュール管理も簡単になります。

また、オンライン診療を利用する際は、交通費や診察料などを含めた費用の見直しも行ってみてはいかがでしょうか。

⇓スマルナの詳細ページへ⇓

詳細ページ無料DLへ

⇓東京都23区なら最短当日着!⇓

365日対応のピルユーはこちら♪

詳細ページ公式ページ

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと

≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。

また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。

ピルQ&Aへ

≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。

スマルナとは≫

≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。

デメリット≫

ピルが自宅に届く!?