ピルの副作用・トラブル

ピルで性欲が増える?減る?ピルと性欲の深い関係とコントロールの仕方

『ピルを服用してから性欲が減った』

『ピルを服用してから性欲が増えるタイミングがある』

『性欲のコントロールってできるの?』

ピル(経口避妊薬)を服用していて性欲に変化が起こるという体験をしたことはありませんか?

そして、そのことを聞いたことがあって、ピルの服用を躊躇している人も少ないとのこと。ピルは女性ホルモンのバランスを変えることで避妊や子宮の状態を整える薬ですから、性欲にも多少なりとも影響します。

では、どのように変化するのでしょうか?

今回は、ピル服用による性欲が増えたり減ったりする原因と、性欲のコントロール方法を、ホルモンバランスとの関係性を含めて解説したいと思います。

ピルに関するQ&A≫

ピルと性欲の深い関係

低用量ピル(経口避妊薬)は、ホルモンバランスをコントロールすることで避妊や子宮の状態を整えますので、服用することで性欲への影響を感じる方も一定数いらっしゃるようです。

ピルで性欲は減る?増える?どっち?

『ピルによって性欲が増えるか減るか?』

その答えは気になるところですが、これは人によって体調によって大きく異なります

ピル服用による性欲への影響は個人差があるようです。一概に性欲が増える・減るとは言えません

ピルに限らず、ホルモン避妊薬が与える性欲への影響については、1980年代以降、身体的にも心理的にも様々な研究が世界中でされてきました。

それらの研究によると、ホルモン避妊薬を使用している女性は使用していない女性と比べて、性機能の低下が見られる一方で、性的関心が短期間に高くなると報告されています。

(※性機能の低下というのは、避妊のためにピルを服用することで、一時的に妊娠中と同じ状態にすることによる一時的な性機能の低下です。ピルの服用で将来の妊娠に悪影響を及ぼすことはありません。)

性機能の低下と聞くと、性欲が無くなるイメージがあるかもしれません。動物的に言えば、子孫を残す行為をしない体になっているので、性欲が得るのは当然のことです。

しかし、ピルなどのホルモン避妊薬を使用している女性は、女性ホルモンの影響でふっくらと女性らしい体型になったり、肌の調子がよくなるなどもあり、彼氏や夫など、男性を惹きつける能力がアップすることも期待されます。

女性自身も自分の魅力に気づき、自ら性欲を上げることができるといえます。

次に、ピル服用による性欲への変化の原因について解説します

ピル服用による性欲の変化の原因

性衝動に関係するホルモンであるテストステロンは、男性ホルモンとして知られています。男性ホルモンのテストステロンは、女性にも男性の10%ほどが分泌されています。

現在日本で販売されているピルには、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが含まれており、この2つの女性ホルモンが、性衝動を起こすテストステロンを下げます。

ピル服用により性衝動に関するテストステロンを低下させることで性欲が低下する可能性があるということです

しかし実際には、ピルを服用する女性にも充分なテストステロンは分泌されます。もともとテストステロンが低い女性の場合には、ピルによって性欲への明らかな影響が出るかもしれません。

また、性欲に関連するのはテストステロンだけではありません。女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンは生理周期に関連していますが、エストロゲンは性行為を受け入れるための身体的な準備を行います。

例えば、膣内の分泌液を出すなどです。ピルによる安定したエストロゲンのおかげで、性行為自体を積極的に受け入れることができるといえます。

もし生活に支障があるくらいの性欲の変化がみられる場合は、医師に相談することもおすすめしています

ピル処方がある病院検索

ピルで性欲に影響が出た時のコントロール法

妊娠の心配や性交痛で性行為を楽しめなかった人が、ピルの服用によって心身ともにリラックスでき、パートナーとの関係も良好になったという話は少なくありません。

しかし、ピルを服用するすべての人に性欲が強くなったり、逆に性に関する興味を失ったりなど影響がでるわけではありません。性欲に関して、ホルモンだけでは説明がつかない体質や気質などのさまざまな要因があります。

ピルによって性欲が弱くなったと感じる場合

性欲が低下したと感じている人は亜鉛を摂取してみましょう。

亜鉛は性衝動に関連するテストステロンを高めます。アーモンド、チキン、貝などに多く含まれます。

(テストステロンを高めると言っても、もともと女性は分泌が低いのでヒゲが生えるなどの心配はありません。)

ピルの影響だけではなく『性欲の低下』に悩んでいる人は多く、男女とも飲めるサプリメントが人気を集めていますので、1度試してみてはいかがでしょうか

亜鉛配合のサプリを見てみる≫

ピルによって性欲が強くなったと感じる場合

性欲増加によるリスクがある場合(恋人や夫婦間の関係悪化など)は、ピルを服用し始めた目的をあらためて考え中止するか、心理状態をコントロールできるスポーツや趣味を見つけてみましょう。

リラックス状態のときに性衝動を感じる人もいれば、緊張して性欲が増す人もいます。 このように、日常生活から見直すことでホルモンのバランスを整えることが性欲をコントロールすることにもつながっていきます。

ピルによって性欲が強く出る場合は自慰も試してみて

ピル服用に関わらず、性欲が強く出てしまうことで

仕事に集中できない

彼との時間で積極的になりすぎてしまう

などの悩みを抱えている女性も多いとのこと。

意外と性欲が強くて集中できないという女性が多いとのこと。だからもしそういった状況でも別に恥ずかしいことではありあません

女性の自慰は、『ひとりエッチ』や『マスターベーション』とも呼ばれ、精神状態の安定女性ホルモンに良い影響があるとされています。

逆に、自慰を行うことでスッキリとして、仕事や趣味に集中できることも多いので、性欲が強くて悩んでいる方は試してみてくださいね。

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと

≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。

また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。

ピルQ&Aへ

≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。

スマルナとは≫

≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。

デメリット≫

ピルが自宅に届く!?