ピルの副作用・トラブル

ピルで眠気や気分のムラが起こるのはなぜ?睡魔が出やすい時期と原因

ピル服用による頭痛や吐き気、生理の遅れ茶色のおりものなどの様々な副作用やトラブルについて解説します

ピルを服用することで、普段よりも眠気が強くでることや、睡魔に襲われるといった経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

それは、ピルに含まれる女性ホルモンが原因のケースがほとんどですが、ひどい眠気の場合は普段の生活に支障が出てしまうことも。

眠気と共に気分のムラが出てしまい『このピルは体に合っていないのではない』と思うこともありますよね

研究によると、ピルを服用している人は、服用していない人よりも多く睡眠不足を報告しているようです。夜中に目覚めたり、熟睡できないなどで、日中の眠気が増加しています。

そこで今回は、ピルによって眠気が起こってしまう原因、眠気が続く期間、強い睡魔に襲われた時の対処方法を解説します。

ピルによる眠気や睡魔の原因とは

ピルには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が含まれており、これらが避妊や生理周期の安定化に関わっています。まずは眠気が出てしまう原因について解説します。

ピルで眠気が出る原因はホルモンバランスの変化

ピルで眠気が出る主な原因は、ピルに含まれる眠気を誘発するホルモン(プロゲステロン)の作用によるものと言われています。

通常、生理周期に合わせて自然に卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されます。プロゲステロンは生理2週間前から分泌が増加します。

プロゲステロンが分泌されることにより、基礎体温が生理後から排卵までの期間に最も高くなり、体温の変化も少なくなるため眠気が強く出たり睡眠が浅くなることがあります。

ピルにはこのプロゲステロンが配合されているので、ピルを服用することで一時的に眠気が出てしまうことがあります。

PMS(生理前症候群)で眠気が出てしまう原因も、このプロゲステロンが関与していると言われています

ピル服用中は妊娠中の状態に似ている

通常、妊娠すると約3ヵ月ほどまでは黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が多くなります。妊娠初期に眠気を感じる人が多いのはこのためです。

ピルを服用することで体内のホルモンバランスを強制的に変化させ、脳に生理前や妊娠中と錯覚させるので、眠気を感じる人が多いという訳です。

その他にも同時に食欲の増減やむくみを感じる人が多いです

ピルによる眠気が出やすい時期と期間

ピルによる眠げが出やすい時期は、ピルを服用し始めて1~2週間ほど多く、眠気が強くなったと感じたり、強い睡魔に襲われることがしばしばあります。また、睡眠が浅くなったり熟睡できなくなることも。

『ピルによる眠気はいつまで続くの?』と心配になることもあるかもしれませんが、ほとんどの場合はピルが身体に馴染む2ヵ月~3ヵ月程度で解消されることが多いです。

ピルを服用し始めは、身体のホルモンバランスを強制的に変化させ、その急激な変化によって副作用が出ることが多いです。その他の頭痛や吐き気などのマイナートラブルも、ピルが身体に馴染む3ヵ月程度は様子を見てみましょう。

激しい睡魔が続く場合はかかりつけの医師やピル処方のある病院で相談しましょう

眠気だけではなく気分のムラも

また、ピルの服用によって気分のムラなど感情的な副作用が報告されています。ピルがうつ病を引き起こすかどうかなどの研究はこれまでも研究、議論されています。

ピルを服用することでホルモンバランスが変化し、生理前や妊娠中の状態になるため、生理前に似たイライラの症状がでるケースもあると言われています。

しかし、ピルは月経前の精神的な不安定さを軽減する効果もあるため、ホルモンバランスの変化やタイミングと、もともとの体質などが深く関係していると言えます。

ピルのトラブル特集≫

眠気が起こりやすいピルの種類とは

ピルは種類によってホルモンの含量が異なり、超低用量・低用量・中用量・高用量に分けられます。ピルも風邪薬と同様に個人によって効果や副作用も異なるため、自分にピッタリのピルを見つけることが大切です。

中用量ピル・アフターピルは眠気が起こりやすい

超低用量ピルはニキビや月経前症候群の改善、低用量ピルは避妊のために服用することが多いですが、生理日を変更するために服用する中用量ピルは、ホルモンの含量が多いため眠気が強く出やすい傾向があります。

また、緊急避妊薬であるアフターピルも、ホルモン含量が多く体のホルモンバランスを急激に変化させます。そのため、眠気を含めた吐き気や頭痛などの症状も強くでることがあります。

ピルの種類と体質・相性によっても異なる

ピルの種類は第1世代~第4世代までの『世代』の分類と、1~3相性の『相性』で分類されています。

第1世代のピルよりも、第2・第3・第4世代のピルのほうが副作用が少なくなるように改良されて造られています。第4世代のピルは主に超低用量ピルに分類されます。

また、『1~3相性』とは、1シートに含まれる錠剤の違いです。1相性なら1シートすべての錠剤が含まれるホルモン量が一緒です。3相性の場合は、錠剤に含まれるホルモン量が3種類に分かれており、より自然な生理周期に寄せるようにホルモン量が調整されています。

ちなみに低用量ピルの中でもポピュラーなトリキュラーは第2世代の3相性のピルです。第1世代のオーソやルナベルよりもホルモン含量が改善されていて副作用が少ないと言われています

ピルの種類によって特徴が違いますし、人によっても合う合わないがあります。自分にピッタリのピルを見つけることが大切です。

ピルによる眠気の対処方法

上記の事から、ピルに含まれるホルモンが影響して眠気や気分のムラが表れるケースがあることが分かりましたが、眠気や気分のムラによって日常生活に支障をきたすケースがある場合は次のことを参考にしてください。

3ヵ月程度様子見する

眠気を含めた副作用が軽度の場合は、飲み始めてから3ヵ月程度、様子をみてみましょう。眠気を始めとしたマイナートラブルはピルの飲み始めに多くみられ、そこで『体に合わないからやめる』と勝手に中断してしまうと避妊やその他の効果に影響を与えます。

症状がひどい場合は医師へ相談すべきですが、多くのマイナートラブルは2ヵ月から3ヵ月でピルが身体に馴染み解消されます。

もともとピルのユーザーであっても、ピルの種類を変えた場合に同じような現象が起こるケースがあります。

ピルの種類を変更する

眠気を含め、吐き気や頭痛、不正出血など副作用の症状が強く出る場合や、長い期間続く場合は、そのピルが身体に合っていない可能性があります。

上記にもありますが、ピルは世代と相性によって種類が分けられていて、それぞれ体に合う合わないが生じることがあります。また、その人の体質によっても異なります。

生理痛の酷さが人によって違いがあるように、その人の体質がピルの相性にも影響します。

たとえば、知人がトリキュラーが副作用が少なかったと言っていても、自分はそうではないこともあります

ピルを飲み始めて、眠気を含めた副作用が強く出る場合は、一度かかりつけの医師やピル処方のある病院へ問い合わせてみましょう。

ピル処方のある病院検索≫

オンラインで医師に相談する

ピルの副作用に困っていても、わざわざ病院へ行くことに煩わしさを感じたり、スケジューリングが難しいこともありますよね。

その場合は、オンラインで医師に相談してみてはいかがでしょうか。オンライン対応の病院を検索するか、ピルや生理での悩みに特化したスマホ専用アプリを利用することを推奨しています。

オンラインなら空いた時間でチャットでやり取りできますので、病院へ行く時間や行くまでの交通費が節約できます。ピルの受け取りも自宅に配送されますのでとても便利です。

【スマルナのピルは安全?】スマルナの口コミと利用方法についてピルのネット処方が可能なオンラインアプリ【スマルナ】が、今注目を集めています。病院に行かずに安全・安心なピルが購入できるスマルナの口コミや登録方法について解説します。...

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと

≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。

また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。

ピルQ&Aへ

≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。

スマルナとは≫

≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。

デメリット≫

ピルが自宅に届く!?