ピルの種類とその特徴

ヤッペ法とは?プラノバールの避妊効果や副作用について

避妊に失敗した時の緊急避妊には、ヤッペ法とアフターピルを服用する2種類に方法があり、どちらも望まない妊娠を回避できる可能性が高まります。

ヤッペ法は、プラノバールという中用量ピルを使用し、性行為後72時間以内にプラノバールという中用量ピルを2錠飲み、その12時間後にまた2錠飲む方法です

現代の多くの緊急避妊方法は、アフターピルを使用する方法が主流となっていますが、病院によってはプラノバールを使用したヤッペ法で緊急避妊を行うケースもあります。

今回は、緊急避妊薬方法の1つである『ヤッペ法』の詳細と、それに使用されるプラノバールの服用方法や避妊確率、生理日の移動方法や購入価格まで詳しく解説します。服用前に知っておきたい情報ばかりなので、ぜひ最後までご覧くださいね。

⇓アフターピルもオンライン!⇓

詳細ページ無料DLへ

ヤッペ法とは?

ヤッペ法とは1970年代に発表された緊急避妊法で、以前までは日本で最も行われていた方法です。それではヤッペ法の服用方法や避妊確率、アフターピルの違いなど、詳細を解説していきます。

ヤッペ法の詳細と避妊確率

ヤッペ法はプラノバールという中用量ピルを使用した緊急避妊方法で、性行為後72時間以内にプラノバールを2錠服用し、その12時間後にさらに2錠飲む方法です。

欧米の研究データによるヤッペ法の避妊率は、性行為から12時間以内の服用で96.8%といわれています。では、アフターピル(ノルレボ)との避妊率を、性行為からの時間別で比較してみましょう。

  ヤッペ法   ノルレボ錠
12時間以内  96.8%       99%
24時間以内  77%        99%
48時間以内  36%        98%
72時間以内  31%          97%

上記は避妊率といい、アフターピルでノルレボ錠を服用した、またはヤッペ法による緊急避妊を行って妊娠しなかった人の確率です。

ヤッペ法は高い避妊確率がありますが、全体的にみると従来のヤッペ法よりアフターピル(ノルレボ錠)の服用のほうが避妊率が高いことがわかります。

また、どちらも72時間以内に服用することで高い避妊確率が期待できますが、4日以上経ったら0%なのか?というとそうではありません。時間が経つと効果が落ちるというよりは、排卵が起こるまでに服用することが大切です。なのでどちらの方法をとるにせよ、早めに服用することが大切です。

プラノバールは卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されている混合ホルモンで、現在の多くは月経移動や月経困難症の治療に使用される中用量ピルです(下記で詳しく説明します)

ヤッペ法とアフターピルのピルの違いと副作用

次に、ヤッペ法とアフターピル(ノルレボ錠)違いを服用するピルの違いや服用方法、副作用の観点からみてみましょう。

ヤッペ法

ヤッペ法は、プラノバールという中用量ピルを使用し、性行為後72時間以内にプラノバールという中用量ピルを2錠飲み、その12時間後にまた2錠飲む方法。

特徴としては、アフターピル(ノルレボ錠)よりも副作用が強くでやすいが、安価で購入できる。

(3,000円~8,000円程度)

アフターピル

アフターピルは、一般的にはノルレボ錠1.5㎎、またはそのジェネリックであるレボノルゲストレル錠1.5㎎「F」を1錠だけ服用する方法。

特徴としてはヤッペ法よりも副作用が比較的少なく、避妊率も高い。費用はやや高めだが、高い避妊確率と副作用の改善から今は緊急避妊の主流になっている。

(10,000円~15,000円程度)

 

プラノバールやノルレボ錠を服用することで副作用が出る場合があります。主な副作用としては【頭痛・腹痛・吐き気・めまい・倦怠感・胸のはり・不正出血・消退出血】などがあげられます。

しかし、これらすべての副作用が起こるわけではありませんし、起こらない場合もあります。副作用は個人差があり、吐き気が強く出る人もいれば、胸のハリを感じる人もいます。

また、副作用が出始める時間ですが、プラノバールやノルレボ錠が体内で溶ける時間は、服用後2時間~3時間といわれており、副作用が出始める時間も溶ける時間前後が多いとされています。

特に吐き気と頭痛やめまいが多くの人が体験している副作用です。また、ホルモンバランスが変化することで起こる出血が小量な不正出血が出る場合があります。

ヤッペ法の副作用で吐いてしまったら

ヤッペ法でプラノバールを服用することで、副作用として強い吐き気や嘔吐が起こることもあります。しかし、プラノバールが身体に溶け切っていない状態で嘔吐してしまうと、十分な避妊効果を得られない可能性があります。

その場合は、もう1度2錠飲む必要が出てきます。飲み直しの時間の目安はおおよそ2時間と言われています。

副作用の吐き気によって2時間以内に嘔吐してしまった場合は、プラノバールを処方してもらった病院へすぐに連絡して対処してもらいましょう。

もう1度飲むことで、よけいに吐き気が出てしまう可能性があります。とてもつらい状態になりかねませんので、できるだけ吐き気は我慢しましょう。少しでも吐き気を軽減させるために食後に服用しましょう

ヤッペ法は今でも緊急避妊として行われるの?

今現在、病院で緊急避妊の処置をしてもらう場合、ほとんどヤッペ法は採用されていません。多くの場合はヤッペ法よりも、有効性や安全性が高いといわれるアフターピル(ノルレボ錠)で行われています。

しかし、病院によっては、または医師によってはヤッペ法で緊急避妊を行う場合があり、これは病院やその医師の方針によっても異なります。

ノルレボ錠での緊急避妊を希望の場合は、あらかじめ病院に連絡して確認しておくと良いでしょう。

その他には、緊急避妊時にアフターピルが手に入らないケースで使用される場合もあります。

望まない妊娠の可能性があっても、近くに病院がなく、オンラインでピルを配送してもらう際、オンラインではノルレボ錠を扱っていないクリニックも多いのです。その場合は中用量ピルのプラノバールを配送してもらい、自宅でヤッペ法を行うといったケースもあります。

ヤッペ法の避妊成功の見極め方

次に、ヤッペ法で避妊が成功したかどうかの見極め方についてです。避妊成功を見極めるポイントは【消退出血】です。生理らしい生理が来たら、避妊は成功したと考えても良いでしょう。

プラノバールを服用することで、子宮内膜が剥がれ落ちて消退出血(生理に似た出血)が起こります。これを消退出血と呼び、アフターピルも同様です。

消退出血が確認できたら、避妊成功と考えることができます。消退出血は生理のような出血の事です

通常、プラノバールをヤッペ法で服用すると、ホルモン変化の影響で生理日が早くなることが多いです。また、ヤッペ法を行ってから次の生理が来るまでの期間は、プラノバールを服用した時期が、排卵前排卵後によって変わってきます。

多くの場合、服用後おおむね1週間で生理が来ますが、この生理はピルによって強制的に起こされた生理なので、本当の生理ではありません。これが消退出血です。そのため、排卵日前にプラノバールを服用すると、消退出血と本物の生理が1ヶ月に2回起こります。

ヤッペ法でプラノバールを排卵後に服用した場合、いつもよりも早めに生理が始まることが多いです。この場合、消退出血と通常の生理が同時に起こっているため、人によっては通常の生理よりも出血が多いケースが見られますが、異常ではありません。

プラノバールならオンラインが便利です♪

プラノバールの効果と使用目的

上記でヤッペ法について解説しましたが、プラノバールは緊急避妊の他にも月経移動や月経困難症などの治療にも使用されます。プラノバールを服用する目的によって、飲み方が全然異なりますので、それに驚く人も多いようです。

プラノバールをアフターピルとして

プラノバールは通常は月経困難症や子宮内膜症の治療で使用されますが、アフターピルとしても使用できます。上記で解説しました緊急避妊方法であるヤッペ法のことです。中用量ピルであるプラノバールを性行為後72時間以内に2錠、その12時間後に2錠飲む方法をヤッペ法と呼びます。

プラノバールの避妊のメカニズムとしては、以下の通りです。

妊娠は、【排卵⇒受精⇒着床】という流れで起こりますが、ヤッペ法によるプラノバールは、このうちの【受精と着床】を抑制することで、望まない妊娠を防ぐ効果が見込まれます。

①排卵を抑制する

ヤッペ法でプラノバールを服用することで、錠剤内の黄体ホルモンの作用によって排卵を抑制します。排卵日付近での性行為であったとしても、受精卵を作らないよう作用します。

②受精卵の着床を防ぐ

もう一つの効果は、受精卵を子宮内膜に着床をさせないことです。プラノバールを服用することで、子宮内膜の増殖と体温の上昇を防いで受精卵の着床を阻止します。もし受精してしまったときでも、子宮内膜に受精卵が着床しなければ妊娠しません。

プラノバールに含まれる黄体ホルモンの作用で、体内のホルモンバランスが急激に変化し『排卵後と同じ状態』と頭が認識します。

排卵後と勘違いしているので、これ以上排卵が起こらないという訳です。排卵がストップされる期間は5日~7日程度といわれていて、その間に子宮内の精子の受精能力が失うため妊娠しないというメカニズムです。

プラノバールは月経移動する方法について

プラノバールの服用目的で月経日をずらすことが挙げられます。大切なイベントや旅行、プールや海などの予定で月経日を移動させたいときにとても便利です。

しくみとしては、プラノバールを服用している間は生理が来ません。プラノバールを飲まなくなれば月経が訪れますので月経日を調整できるという訳です。

月経を通常日よりも前に移動させたいときと、後ろに移動させたいときとで、服用方法が異なります。生理を早める場合は約1ヵ月前から服用し始めますので、早めの準備が必要です

月経を前にずらしたいとき

生理を早めたい場合は、早めたい生理日の1回前の生理日~生理後5日までにプラノバールを服用し始めます。そのまま毎日服用し続け、生理が始まってほしい4日~5日前に服用を中止します。

通常、プラノバールの服用を中止して4日~5日程度で生理(消退出血)が起こります。4~5日後に生理が来たら生理日の前倒しに成功です。

しかし、生理日を前にずらすことは意外と難しく、失敗する場合もあります。

生理日を予定よりも遅らせる方法

生理を遅らせる場合は、生理予定日の5日前までにプラノバールを飲み始めます。そのまま本来の生理予定日を過ぎても飲み続け、生理が来てほしい日の2日~3日前に服用を中止します。プラノバールを中止してから2日~3日で生理が訪れるでしょう。

前にずらす場合と後にずらす場合で、プラノバールを中止するタイミングが異なります。生理を遅らせる場合は、もともとの生理をホルモンバランスを変化させて無理やり我慢している状態が続きますので、プラノバールを中止してから比較的早く生理が訪れるためです。

プラノバールを服用することで生理日を移動させることができます。でも、飲み忘れるとその効果がなくなってしまったり、生理日を遅らせても副作用に困る可能性がありますのでご注意ください。

生理日の移動なら、ホルモン量や副作用が比較的少ない低用量ピルのマーベロンがおすすめです。

プラノバールは月経困難症や子宮内膜症の治療に

プラノバールは、月経困難症や子宮内膜症などの治療目的で使用する場合があります。服用方法としては、1日1回自分で決めた時間にプラノバールを毎日飲みます。

21日間服用を続け、7日間の休薬期間を挟み合計28日を1周期として考えます。29日目から再度プラノバールを飲みはじめます。これを毎月繰り返す飲み方です。

プラノバールは月経困難症や子宮内膜症の治療で使用されますが、今はヤーズフレックスフリウェルULDのような超低用量ピルを使用することで、中用量ピルのプラノバールよりも副作用が少なく安全に服用することも可能です。副作用が気になる方は、かかりつけの医師に相談してみましょう

不妊治療の一環で中用量ピルを使う場合は、不妊の原因や治療方針により使用方法が異なります。医師の指示に従いましょう。

⇓プラノバールならオンラインが便利!⇓

プラノバールのよくある質問

それでは、プラノバールを服用に関してよくある質問をまとめましたので参考にしてください。

吐き気がとまらないときはどうすればいい?

プラノバールを服用することで副作用である吐き気を強く感じる場合があります。特に飲みはじめや、ヤッペ法で1日2錠以上服用する際に強く吐き気を感じることがあります。

副作用の吐き気をできるだけ抑えるために、食後に服用することをおすすめしています。また、吐き気止めと一緒に服用することも可能ですので、その場合は担当の医師に相談しましょう。

強い吐き気が何日もおさまらない場合は、プラノバールが身体に合っていない可能性もあります。ピルは人によって合う合わないがありますので、心配な場合はかかりつけの医師に相談しましょう。

飲み忘れたときはどうすればいい?

生理日の移動や、月経困難症や子宮内膜症の治療で毎日1錠プラノバールを服用していて、飲み忘れた場合の対処法です。

その日の内にプラノバールを飲み忘れたことに気付いた場合、すぐに1錠飲みましょう。次の日からも通常通り服用してください。

丸1日飲み忘れた場合、飲み忘れた分を次の日に1錠飲みます。その日は飲み忘れた分1錠だけの服用として、次の日からも1錠ずつ飲みます。2錠以上での同時に服用することは避けてください

プラノバールを服用中でもお酒は飲める?

プラノバールを服用後は飲酒は控えましょう。お酒を飲むことでプラノバールの作用が強く出てしまう場合があります。飲酒することで吐き気が増す可能性が高まります。

また、お酒に酔ってお腹が緩くなった場合は、プラノバールの吸収が十分にされない場合もあります。

ヤッペ法で緊急避妊しても妊娠する可能性はある?

ヤッペ法で緊急避妊を行っても、妊娠を回避できない場合があります。これはアフターピル(ノルレボ錠)でも同様です。

ヤッペ法を行う際は、性行為後できるだけ早めにすることが大切です。

ヤッペ法を行って1ヵ月以上生理が来ない場合は妊娠の可能性も

ヤッペ法で緊急避妊することで、通常1週間~4週間ほどで生理現象(消退出血)が起こります。しかし、この期間を超えても生理が来ない場合は妊娠している可能性があります。

また、期間内に出血はあったものの、いつもの生理より出血がかなり少ない場合は、着床出血の可能性があります。

これらの場合、生理予定日の1週間後を目安に妊娠検査薬で検査することをおすすめします。

まれに、緊急避妊薬を服用することでホルモンバランスの変化やメンタル面での変化によって生理日が遅れる場合がありますが、どちらにせよ妊娠しているかどうかはハッキリさせるべきなので、生理がこない、または出血量が少なかった場合は妊娠検査薬を使用してみましょう

⇓ピルの変更・相談もオンライン♪⇓

プラノバールの価格と購入方法

プラノバールの価格と緊急避妊時にかかる費用について解説します。また、購入方法や処方できる病院についてもあわせてご覧ください。

プラノバールの価格や緊急避妊の費用

緊急避妊のために病院で処置を受けるための費用は、アフターピル(ノルレボ錠)で処方を受け、診察料を合わせると、通常15,000円ほどの料金設定をしている病院が多いです。

プラノバールでのヤッペ法は比較的安価で、診察料を合わせても10,000円以下で緊急避妊を受けることができます。

費用の内訳としては以下の通りです。

プラノバール 3,000円~8,000円程度
ノルレボ錠 7,000円~15,000円程度
診察料 1,000円~3,000円程度

アフターピルの処方は自由診療となるため、病院によって必要な費用もかなり異なります。思ったよりも費用がかかる場合がありますので、病院へ電話する際に費用も確認しておいたほうが良いとおもいます。

緊急避妊時、できるだけ費用を抑えたい方にはプラノバールでのヤッペ法が向いていますが、避妊効果や副作用を考えると、少し高額ですがアフターピル(ノルレボ錠)での緊急避妊を推奨しています。

プラノバールを緊急避妊として服用する場合は、保険適用にならず全額実費負担となります。

プラノバールを月経困難症や子宮内膜症の治療で使用する場合は、病気の治療となり保険適用で購入できます。使用目的によって価格が変動しますので、詳しくは医療機関へ問い合わせてみましょう。

プラノバールはピルを取り扱っている病院で処方してもらう

プラノバールは、ピルを取り扱っている医療機関(婦人科や産婦人科など)で処方してもらいます。ピルの処方は医師の処方箋が必要で、薬局などには売っていませんのでご注意ください。

ピルを取り扱っている医療機関は、実はあまり多くないことが現状です。都心にはそれなりにありますので、ネットで探せばすぐ対象施設が見つかるでしょう。しかし、地方など特に田舎へ行くほどピルを取り扱っている病院は少ないことが現状です。

また、産科や婦人科の診療科がある病院でも、ピルを取り扱っていない場合も多く、特にプラノバールやノルレボ錠が必要な緊急避妊時には、事前の下調べが必要になります。

アフターピルの処方が必要な緊急時は、事前予約を必要としない医療機関がほとんどで、診察時間内でしたら急な対応もしてもらえます。

ただし、ピルの取り扱いがあるか、またそのピルの費用を事前に確認しておくためにも、まずは病院に電話で問い合わせておきましょう。

ピル処方のある病院検索≫

プラノバールはオンライン処方が可能です

性行為で避妊に失敗した際や、性行為を強要され望まない妊娠の疑いがある場合は、早めにアフターピルの処方がある医療機関での受診が必要です。

しかし、上記でもお伝えしたように、特に地方ではアフターピルの取り扱いがある病院は多くはありません。

また、最寄りに対象施設があったとしても、病院の営業時間の関係や、仕事や学校の都合で、早く病院へ行きたくても行けないことがあり、望まない妊娠に繋がってしまうケースがあります。

そこで、プラノバールやアフターピルもオンラインで処方してもらえるスマホ専用アプリ【スマルナ】を推奨しています。

スマルナを利用することで、最短翌日にアフターピルが自宅に届くことが可能です。スマルナは24時間対応しているため、病院のように営業時間外で診察ができない!なんてこともありません。

ピルの配送も自宅ではなく、ヤマト運輸の宅急便センターでの受け取りも可能です。デリケートなことなので、誰にもバレたくないという人も安心です。万が一のときのために、おまもり代わりにダウンロードしておくことをおすすめしています

⇓詳しくは詳細ページをみてね⇓

詳細ページ無料DLへ

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと

≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。

また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。

ピルQ&Aへ

≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。

スマルナとは≫

≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。

デメリット≫

ピルが自宅に届く!?