ピルのオンライン処方について

Pills U(ピルユー)でアフターピルを処方してもらえるの?緊急避妊薬をオンラインで処方してもらう方法とは

Pills U(ピルユー)とは、スマホ1つでピルの診療・処方を受けることができるルサンククリニックが運営するオンラインサービスです。

アフターピルは、コンドームが破れたときや、避妊せずに性行為をしてしまって、望まない妊娠の可能性があるケースに使用される緊急避妊薬です。

Pills U(ピルユー)でも、アフターピルの取り扱いがあり、オンラインでの処方が可能です。

Pills U(ピルユー)は東京都23区でしたら最短1時間でアフターピルを届けてくれます。また、他の地域でも当日配送が可能で、急いでいる方にとってとてもうれしいサービスがあります

今回は、Pills U(ピルユー)のアフターピル処方に関してと、緊急避妊薬であるアフターピルの説明、ピルユーと同じくアフターピルをオンラインで処方している『スマルナ』について解説します。

何らかの理由で病院へ行けない、行きたくない方はピルユーやスマルナを利用してはいかがでしょうか。

また、アフターピルが必要になった緊急時の対応についても解説しますのでぜひ最後までご覧くださいね

⇓Pills U(ピルユー)公式ページ⇓

ピルユーの口コミをみる≫

⇓スマルナ公式ページ⇓

スマルナ専用無料アプリダウンロード

スマルナの口コミをみる≫

緊急避妊薬(アフターピル)とは?

まずはアフターピルの説明です。

アフターピルとは避妊に失敗した際に使用する緊急避妊薬です。性行為後72時間以内に服用することで高い確率(約80%)で妊娠を避けることができます。

国内で承認されているアフターピルは、ノルレボ錠1.5㎎とそのジェネリックであるレボノルゲストレル錠1.5㎎「F」の2種類で、どちらの配合されている成分は同じですがレボノルゲストレル錠1.5㎎「F」のほうが安価で購入できます。

Pills U(ピルユー)は、国内正規品ではありませんが、性行為後120時間用のアフターピル(エラ)も取り扱っています。

アフターピルの効果とは

アフターピルを服用することで、排卵を抑制するため受精しない状況をつくります。

また、子宮内膜(受精卵のベッド)の肥厚を減らすため、受精してしまっても子宮内膜に着床しにくい状況を作ります。

アフターピルの錠剤にはホルモンが含まれているため、まれに副作用が出る場合があります。特に多い副作用は吐き気や頭痛です。アフターピルが体内に溶ける前に吐いてしまうとその効果を得ることができませんので、食後に服用することや吐き気止めと一緒に飲むことをおすすめします。

服用する時間は早ければ早いほど妊娠阻止率は高くなるため、性行為後はなるべく早く服用するようにしましょう。

アフターピルの服用時間と妊娠阻止率についてはこちら⇓⇓

低用量ピルとアフターピルの違いとは?

低用量ピルは毎日正しく服用することで、ほぼ100%の避妊効果を得ることや、ニキビや肌荒れ、生理周期やPMSの改善に使用されるピルのことで、通常『ピル』というと低用量ピルの事を指します。

アフターピルとは、避妊に失敗した際に、性行為後に飲む緊急避妊薬のことです。ホルモン含量は低用量ピルよりもかなり多く、望まない妊娠の可能性がある場合のみに服用するピルのことです。

Pills U(ピルユー)のアフターピルについて

参照:Pills U

Pills U(ピルユー)はアフターピルも土日や夜間もオンラインで処方するサービスを提供しています。以下で詳細を解説します。

Pills U(ピルユー)のアフターピルについて

参照:Pills U

Pills U(ピルユー)のアフターピルは2種類あります。国内正規品の『ノルレボ錠』と海外製品の『エラ』です。

通常、国内の病院ではノルレボ錠、またはそのジェネリックであるレボノルゲストレル錠が処方されます。72時間(3日)以内に服用することで高い確率で妊娠を防ぐことができるアフターピルです。

国内正規品のほうが安心!というかたはノルレボ錠がおすすめです

一方エラは、性行為から120時間(5日)以内の服用で、高い確率で妊娠を防ぎます。

エラは、有効成分ウリプリスタール酢酸エステルを同量配合されており、その成分が子宮内膜の肥厚を防ぎ、粘液の状態を変化させ、高確率で精子が子宮までたどり着きにくくなり妊娠しない環境を作り上げます。

事後避妊薬としては最新で、その避妊確率は95%と海外サイトで高い成功率が証明されています。

エラも性行為後から服用までが早ければ早いほど妊娠阻止率が高まります。病院へ行こうか悩んだりして、性行為から時間が経ってしまったかたは120時間用のピルを選ぶことをおすすめします

Pills U(ピルユー)アフターピルの料金について

参照:Pills U

Pills U(ピルユー)のアフターピルの費用についてです。

72時間用のアフターピルは、ピルの費用9,339円+診察料+1,650円+配送料550円が必要で、合計で11,539円(税込)です。

(※配送料はお住いの地域によって異なる場合があります。)

120時間用のアフターピルは1錠が16,390円と、72時間のピルよりもかなり割高になるため、性行為後すぐの注文なら72時間以内のほうが金銭的には優しいといえます。

東京都23区ならプラス3300円~6600円を支払えば1時間以内の配送が可能です。速達オプションの料金は土日祝日や夜間などによって変動します。

Pills U(ピルユー)アフターピルの決済時間と配送について

参照:Pills U

Pills U(ピルユー)の配送日はお住いの地域によって異なります。

Pills U(ピルユー)を運営するルサンククリニックは東京にあるため、北海道や九州、沖縄に関しては他の地域より1日遅れるようです。

東京都23区に関しては速達オプションが利用できます。また、気を付けたいのが決済時間ですね。

参照:Pills U

平日は15時まで、土日は13時までの決済で当日配送が可能です。

アフターピルが必要な場合は、間違いなく急いでいると思いますので、診察後の決済時間に注意しましょう

Pills U(ピルユー)アフターピルを処方してもらう手順について

参照:Pills U

Pills U(ピルユー)の申し込みは、ネットで申し込み、電話またはビデオ通話でオンライン診察を行い完了します。そして決済終了後アフターピルが配送されます。

まずはPills U(ピルユー)の公式ページ へアクセスします。

次に、公式ページの『今すぐ診察する』をクリックします⇓⇓

『今すぐ診察する』をクリックすると、氏名や生年月日を記入するページに移りますので、必要事項を記入して申し込みましょう⇓⇓

申し込みが完了したら、電話またはビデオ通話は、医師に事情を説明し、アフターピルを処方してもらいましょう

ちなみに日本では、アフターピルを取得するには婦人科などの病院で受診して医師の処方箋が必要なため必要があります。

現在は、薬局でアフターピルを販売するというような議論がされていますが、今の時点(2021/4)ではまだ薬局でも売っていません。

Pills U(ピルユー)アフターピルはオンライン診療の中でも低水準の価格なので、アフターピルが必要な緊急時の場合は、病院へ行けない、または行きたくない方はぜひピルユーを利用してみてくださいね

⇓低用量ピルならピルユー!⇓

公式ページへ≫

オンラインのアフターピルならスマルナもおすすめ

参照:スマルナ

オンラインでアフターピルの処方が可能な病院は全国に多く存在します。その中でもスマルナがおすすめな理由は、オンライン診療がチャットで行えることや料金設定が分かりやすいところです。

東京都23区在住の方はPills U(ピルユー)のほうが早く服用できると思います。

その他の地域の方は、Pills U(ピルユー)とスマルナを比較してみてはいかがでしょうか

(※スマルナもPills U同様に18歳未満の方は利用できませんのでご注意ください)

スマルナはスマホ専用アプリでチャットで医師に診察してもらえる

スマルナはスマホ専用アプリをダウンロードして、そのアプリ内で利用者情報の登録や、医師による診察などを行います。

通常、ピルのオンライン診療は、病院に行かなくても診察ができますが、電話やビデオ電話で行うことがほとんどです。

周りに人がいたり、通勤や通学の電車の中や、夜間などで同居人が寝ているときなど、たとえ電話でも状況や場所を選ぶ必要がありますよね。

スマルナは、アプリのダウンロードは必要ですが、専用アプリを利用することでチャットでの診察が可能です。

緊急避妊薬が必要な場合、デリケートな内容になるため、チャットを利用することで誰にもバレずに利用することができます。

スマルナはアプリを利用することで電話ではなくチャットで医師と連絡が取れるところが一番のポイントです。Pills U(ピルユー)との一番大きな違いは診察方法でしょう

スマルナのアフターピルの料金について

続いてスマルナのアフターピルの料金設定についてです。

スマルナで取り扱っているアフターピルは、ノルレボ錠1.5㎎とレボノルゲストレル錠1.5㎎「F」です。

ピル名 料金
ノルレボ錠1.5㎎ 10,978円(税込み)
レボノルゲストレル錠1.5㎎「F」 13,200円(税込み)

(※料金が変動している可能性がありますので公式ページでご確認ください)

ノルレボ錠1.5㎎とレボノルゲストレル錠1.5㎎「F」の違いは、ノルレボ錠が先発医薬品で、レボノルゲストレル錠1.5㎎「F」はノルレボ錠1.5㎎のジェネリック医薬品という部分です。

どちらも含まれる成分は同じですが先発医薬品が良い場合はノルレボ錠1.5㎎を、少しでも費用を抑えたい方はレボノルゲストレル錠1.5㎎「F」を選ぶと良いと思います

スマルナのピルの価格は診察料込みの値段設定になっています。通常の病院は診察料がかかりますが、スマルナはピルの費用以外は相談料も診察料、また送料もかかりませんので値段が明確なこともポイントです。

スマルナのアフターピルの配送について

スマルナの専用アプリをダウンロードし、必要事項を入力したら、いよいよ医師による問診が始まります。

スマルナでアフターピルの処方を希望する場合、アプリ内の「診察室」というところに進み、問診の問4で「アフターピルを希望する」をタップすると、アフターピルのオンライン診察に繋がります。

そして、スマルナのアフターピルは、最短当日発送で翌日到着します。北海道や沖縄にお住いの場合は、決済時間や到着日がことなりますので、スマルナの診察室で確認しましょう。

決済時間が当日18時までなので、アフターピル希望の際は、決済時間にご注意くださいね

配送されたアフターピルは、ヤマト運輸のネコポスで届けられるため、自宅のポストに投函されます。

アフターピルは無地の段ボールに入れられ『雑貨』として送られます。アフターピルと分からない仕様になっていますので、ご家族と同居の場合でも知られる心配はありません。

ネコポスで送られるため、時間指定はできませんが、受け取りを自宅以外に設定することも可能です。

ヤマト運輸のセンター留めを選ぶことで、ヤマト運輸のセンターまで取りに行く必要はありますが、自宅以外での受け取りも可能です

⇓無料ダウンロードはこちら⇓

詳細ページ無料DLへ

緊急避妊薬はピルユーでもスマルナでもなくまずは病院へ行くことを推奨します

上記でPills U(ピルユー)やスマルナの紹介をしましたが、アフターピルが必要な緊急事態には、まずはピルの取り扱いがある病院を受診することが大切です。アフターピルは、性行為後72時間以内に服用することで高い確率で避妊することが可能です。

例えば、、ですが

1日の夜20時に性行為で避妊に失敗した場合、22時にオンライン処方で決済完了したとします。決済は翌日の2日にされるため、そのアフターピルが配送されるのは2日中で、自宅に届くのは3日です。

3日に届いたとしたら48時間以内の服用が可能ですが、性行為の翌日である2日に病院へ行くことができたら24時間以内でアフターピルを服用することができます。

オンラインが悪いわけではありませんが、お住いの地域によっては翌々日になる可能性もあり、病院へ行くことができるなら病院でアフターピルを処方してもらいましょう

ただし、仕事や大切なイベント、学校などがあり、どうしても病院へ行けない方は、オンラインでも構いませんのでアフターピルを処方してもらうべきかと思います。

避妊に失敗したときや、男性が避妊してくれなかったなどのトラブルがあっても、実際には婦人科などの病院へ行けない、または行くことに抵抗があり、次の生理まで不安な毎日を過ごしている女性が意外と多いとのこと。

もし、妊娠して『おろす』ことになれば、精神的や肉体的、そして金銭的にもダメージが大きくなります。その可能性を少しでも減らすためにも、アフターピルを服用することが大切です。

アフターピルをオンラインで処方してもらう際は、どうしても病院へ行けない、または行きたくない場合にだけにしましょう。

その場合は、スマルナをおすすめします。スマルナはダウンロードや医師への相談だけなら無料なので、万が一のために、お守り代わりにダウンロードだけしておくと良いと思いますよ、

⇓アフターピル取り扱いの病院を探す⇓

ピル処方のある病院検索≫

スマルナ詳細ページ

Pills U公式ページ

まとめ:アフターピルが必要な場合は..

Pills U(ピルユー)は24時間対応でピルが必要な女性にとって利用しやすいピルのオンライン診療・処方サービスを展開しています。その中でもアフターピルを取り扱っているので、万が一のときにぜひ利用したいサービスです。

特にPills U(ピルユー)は東京都23区でしたら、別途料金は必要ですが当日配送が可能です。できるだけ早くアフターピルが必要な場合は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

ですが、アフターピルは可能な限り早く服用することが大切です。最寄りにアフターピル処方がある病院がある場合は、そちらで受診したほうが早く対応できるはずなので、まずは病院を探しましょう。

病院へどうしても行けない場合や、行きたくない場合にオンラインでのアフターピルを検討してみましょう

詳細ページ公式ページ

詳細ページ無料DLへ

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと

≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。

また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。

ピルQ&Aへ

≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。

スマルナとは≫

≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。

デメリット≫

ピルが自宅に届く!?