ピルのオンライン処方について

Pills U(ピルユー)の取り扱いピルの種類とは?ピルの価格やオンライン診療の費用について

Pills U(ピルユー)の取り扱いがあるピルの種類とその価格、配送料や診察料の費用について解説します。

Pills U(ピルユー)とは、東京都の銀座にあるルサンククリニックが運営するピルのオンライン診療です。

ピルのオンライン診療は、多くの医療機関で採用されていますが、ルサンククリニックは、オンラインで診療から決済、処方、配送まで完結できるため、忙しくて病院へ行けない方に人気を集めているサービスです。

また、Pills U(ピルユー)は365日24時間対応のため、土日や夜間しか空いていない人でも気軽に利用できるところが嬉しいですよね。

そこで今回は、Pills U(ピルユー)の取り扱いがあるピルの種類とその価格、配送料、診察料の費用について解説します。

決済日と配送日の詳細や決済方法についても解説しますので、ぜひ参考にしてください

ピルユー公式ページへ≫

Pills U(ピルユー)の取り扱いピルと価格

参照:Pills U(ピルユー)

ルサンククリニックが運営するPills U(ピルユー)で取り扱いがあるピルとその価格です。1ヵ月ずつで購入するケースと3~6か月でのまとめ買いするケースでの価格の違いもご覧ください。

ピルの種類 1ヵ月価格 3ヵ月価格 6ヵ月価格
マーベロン 2,700円 7,695円 15,390円
トリキュラー 2,700円 7,695円 15,390円
ルナベルULD 10,000円 28,500円 57,000円
アンジュ 4,980円 14,193円 28,386円
ファボワール 3,980円 11,343円 22,686円
ヤーズ 10,200円 29,070円 58,140円
ヤーズフレックス 11,000円 31,350円 62,700円

Pills U(ピルユー)では、第一世代から第四世代までさまざな種類のピルを取り扱っています。そしてこれらのピルすべてが国内承認薬です。

第一世代ではルナベルULD。第二世代はトリキュラーやアンジュ。第三世代ではマーベロンやファボワール、第四世代ではヤーズやヤーズフレックス。

ピルのオンライン診療では2~3種類しか取り扱っていない医療機関が多いですが、ルサンククリニックが運営するPills U(ピルユー)は、全ての世代をカバーしていますので、ピルが初めての方でもピル経験者の方でも安心して利用できます

Pills U(ピルユー)で取り扱いのあるピル(特にトリキュラーやマーベロン)はオンライン診療ではかなり低水準です。さらに、3ヵ月分や6ヵ月分でまとめ買いすることでさらにお得に購入できます。

注意点としては、ルナベルULDやヤーズ、ヤーズフレックスなどの超低用量ピルをPills U(ピルユー)で購入する際です。通常、対面診療の場合、これらの超低用量ピルは、月経困難症や子宮内膜症の治療で保険適用で3,000円~4,000円で処方してもらえます。

Pills U(ピルユー)を利用する場合は、治療目的ではなくてどちらにせよ保険適用がされない避妊目的のピル(トリキュラーやマーベロン)の処方に利用することをおすすめします!

ピルユー公式ページへ≫

ピルの種類と詳細ページ≫

Pills U(ピルユー)の診察料や送料と配送・到着日について

参照:Pills U(ピルユー)

次に診察料と送料、決済日からピルの配達日についてです。Pills U(ピルユー)は診察料と送料が別で料金がかかります。また、東京都23区限定の当日配送サービスもあります。

診察料

料金⇒1,500円

※2週間までの再診察は無料

送料

料金⇒500円~

※平日15時までの決済完了で翌日到着

※北海道・九州・沖縄は翌々日にお届け

都内当日配送料

料金⇒3,300円

※東京23区限定の当日配送サービス

※土日や夜間は特別配送料6,600円

Pills U(ピルユー)は15時までに決済完了することで、最短翌日にピルが届きます。さらに、診察後2週間は無料で再診察してくれるアフターフォローが充実しているため、副作用が心配な方にも安心して利用できます。

Pills U(ピルユー)は業界の中でも配送が早く、また通常なら料金がとられる再診察も無料なので、ピルが初めての方にも優しいサービスです。

またピルは『化粧品』として届けられますので、家族や同居人にピルと知られずに受け取ることができますよ

ピルユーの公式ページへ≫

Pills U(ピルユー)の決済方法

次にPills U(ピルユー)の決済方法は、クレジットカード、コンビニ後払いが利用できます。

クレジットカード

利用可能なクレジットカード

⇒VISA、MASTER、アメリカン・エキスプレス、JCB、Diners、Discoverカード

コンビニ後払い

コンビニ後払いとは、商品到着後に別で送られてくる請求書で、コンビニで支払う方法です。

クレジットカードを持っていない方や、使いたくない方に便利な方法です。

コンビニ後払いができるから、クレジットカードを使えない・使いたくない方でも利用しやすいのは嬉しいです。

ピルユーの公式ページへ≫

Pills U(ピルユー)の始め方

参照:Pills U(ピルユー)

最後に、Pills U(ピルユー)の始め方についてです。

アプリのダウンロードや余計な会員登録が一切ありませんのでご安心ください

step1.WEBで申し込みする

今すぐ診察をご希望の場合は、公式サイトのフォームから氏名や住所を入力し申し込みを行います。その後、担当者から電話があり診療が開始されます。

診療開始までの時間は10分以内と思われますが、その時の状況によって多少前後する場合がありますので、時間に余裕を持って申し込みましょう。

診療の予約を行う場合、住所などの基本情報の入力と、診察希望日時の入力を行います。その後、指定の日時に担当者より電話があり診察が開始されます。

step2.電話またはビデオ通話で診療開始

⇒診察の申し込み完了画面や、申し込み完了後に送られるメール内にあるオンラインチャットルームのURLがあり、そこにアクセスして診療を開始します。

このチャットルームは医師と2人だけのルームで、専門の医師が問診を行いその人にあったピルを相談の上決定します。

step3.決済完了と自宅へ配送

⇒診療後に登録したメールアドレスに届くメール内のURLから決済を完了させます。決済完了が確認され次第、配送手続きが進みます。

15時までの決済完了で最短翌日に到着可能です。(※北海道・九州・沖縄は2日かかります)

また、Pills U(ピルユー)なら自宅へ配送の際は『化粧品』として届きます。

ピルが届いたらいよいよ服用開始です。ピルを飲み始める日は、生理開始から1日目~5日目が好ましいので、Pills U(ピルユー)への申し込みの際は、生理日を逆算して余裕をもって行いましょう

詳細ぺージ詳細ページ

『え?そうなの?』意外とみんなが知らないピルについてのこと

≫『そもそもピルってなに?』ピルの種類や効果、低用量ピルとアフターピルの違いやについて

ピルのイメージってどのようなものでしょう?きっと【ピル=避妊】という認識が多いですよね。ピルは避妊薬ですが、生理前症候群や子宮がんの予防としても重宝されている医薬品です。

また、避妊に失敗したときに使用するアフターピルや、毎日飲んで避妊の予防を行う低用量ピルなど種類も様々。まずはピルについて詳しく知るために簡単なQ&Aをご覧ください。

ピルQ&Aへ

≫【スマルナ】婦人科へ行かずにオンライン診察できるスマホアプリ

『ピルにチャレンジしたいけど出来れば病院へ行きたくない』『毎月、婦人科へ行くためにスケジュール調整することがたいへん!』『男性医師だとどうしても抵抗が..』

日本でピルを処方してもらうためには医師の処方箋が必要です。しかし、何らかの理由で病院に行けない・行きたくない場合もありますよね。そんなときはスマホで簡単にやりとりできるオンライン診療でピルを処方してもらってみてはいかがでしょうか。

スマルナとは≫

≫え?病院でずっと低用量ピルを処方してもらう5つのデメリットとは!?

『え?病院でピルを処方してもらっているのって損なの??』実は婦人科・クリニックなどで低用量ピルをずっと処方してもらうと、時間的にも金銭面でも意外と『』が出てしまうことも。デメリットを5つにまとめましたので1度ご覧ください。

デメリット≫

ピルが自宅に届く!?